いくらまで借りられるかより毎月いくら返せるかとは? - 住宅ローン相談.jp

HOME > よくある質問 > いくらまで借りられるかより毎月いくら返せるかとは?

よくある質問

いくらまで借りられるかより毎月いくら返せるかとは?

これまで「住宅ローンはいくら借りれる?」ということを説明してきましたが、安心して住宅取得後の返済を行っていくためには、将来のライフプランを踏まえ、「毎月○万円なら返せるが、住宅ローンはいくら借りられるのか?」と考えることが重要です。

ポイント1.現在の家計収支を確認しましょう。

まず初めに、現在の家計収支をもとに住宅ローンの返済に毎月いくら充てられるか確認してみましょう。現在の収入、支出、貯蓄額などを確認し、余裕を持った資金計画をたてましょう。(住宅取得ナビ Step1)

ポイント2.住宅取得後に発生する費用に注意しましょう。

「家賃並みの住宅ローン返済で夢のマイホームが手に入ります」といった広告を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、新居に入居した後に支払うお金は住宅ローン返済だけではありません。住宅ローン返済以外にも固定資産税、都市計画税が毎年課税されます。また、団体信用生命保険に加入する場合は毎年の保険特約料の支払い、マンションの場合は毎月の共用部分の維持管理費(管理費、修繕積立金、駐車場や駐輪場使用料等)等の支払いが生じます。これらは、住宅ローンの返済額にプラスした負担となりますので注意が必要です。

ポイント3.ライフプランを念頭に置いて考えましょう。

一般に、住宅ローンの返済は長期間にわたるため、子どもの進学による支出増や自分の退職による収入減等のライフイベントに応じた家計の変動を考慮に入れることが資金計画・返済計画を立てる上での大きなポイントになります。
また、夫婦で収入合算して資金計画を立てる場合は、将来お子様の誕生に伴う離職など返済が困難となる可能性もありますので、注意が必要です。

(出典:住宅金融支援機構)
ご相談ご希望の方はこちら
ページの先頭へ
あなたの街の相談室
全国の代理店様 提携FPを募集しています

サイト運営者

代表取締役 吉田 安志

運営会社情報

株式会社 FP相談室
株式会社 FP相談室

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00

〒933-0806
富山県高岡市赤祖父592番地

TEL/ 0766-73-7227
FAX/ 0766-26-7534

アクセスマップ