住宅ローンの種類とは? - 住宅ローン相談.jp

HOME > よくある質問 > 住宅ローンの種類とは?

よくある質問

住宅ローンの種類とは?

住宅ローンと一言で言っても、「どんな家のために借りるのか」「何をするために借りるのか」などによって様々なローンがあります。
金融機関によって、以下のように目的によって住宅ローンが細かく分かれていたり、逆に「新築」「中古」と限定せず同じローンとして取扱いができたり、様々な商品の形があります。

〈ポイント1〉新築住宅建設・購入

家を建設したり、新築の一戸建てやマンションを購入するためのローンです。
住宅ローンを利用する方が実際に住むことを条件にしている場合があります。

〈ポイント2〉中古住宅購入

中古一戸建て、中古マンションの購入のためのローンです。中古住宅とは、人が住んだことのある住宅のことをいいますが、フラット35では人が住んだことのある住宅または借入申込日において築後年数が2年を超えている住宅のことをいいます。

〈ポイント3〉リフォーム

住宅の改修・補修、門扉・車庫の設置、浴槽・トイレ・システムキッチン等の設備機器設置等のためのローンです。
新築や購入のためのローンとひとくくりで「住宅ローン」として取り扱われる場合もあります。

〈ポイント4〉セカンドハウス

すでに自宅を所有している方が、別荘や仕事用の別宅、親族が住むための住宅等を建設(購入)するためのローンです。
金融機関によって対応が異なり、商品はかなり限られます。まず、住宅ローンは居住するための住宅の建設(購入)を目的としたローンが一般的ですので、セカンドハウスの取扱いをしていない金融機関もあります。

〈ポイント5〉借換え

住宅ローンの借換えとは、新たな低い金利の住宅ローンを借り入れて、今までの高い金利の住宅ローンを一括返済するものです。 多くの場合、同じ金融機関での借換えはできませんし、公的ローンでは借換えは取り扱っていません。
借り換えた方が総返済額が少なくなる場合や、変動金利で借りている人が固定金利に切り替える場合などに借り換えを利用します。
借換えをする場合は、通常の「住宅ローン」と同様に税金や手数料等がかかります。

〈ポイント6〉つなぎ融資

土地や建物を取得する場合、自分の名義にするためには同時に代金を支払う必要がありますが、物件の引渡しまでに融資金が間に合わない場合には、その間の資金を手当てしなければなりません。
つなぎ融資とは、住宅ローンを申し込んだ金融機関から融資金を受け取るまでの間、一時的に借りるローンのことです。このつなぎ融資で一旦代金を支払い、自分の名義にするわけです。
本来の融資金が手元に入るまでのつなぎ資金として、無担保で借り入れ、本来の融資が実行されたらつなぎ融資を返済するという仕組みです。 つなぎ融資では、借入れのための手数料、印紙代、借入期間の利息等を支払う必要があります。

(出典:住宅金融支援機構)
ご相談ご希望の方はこちら
ページの先頭へ
あなたの街の相談室
全国の代理店様 提携FPを募集しています

サイト運営者

代表取締役 吉田 安志

運営会社情報

株式会社 FP相談室
株式会社 FP相談室

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00

〒933-0806
富山県高岡市赤祖父592番地

TEL/ 0766-73-7227
FAX/ 0766-26-7534

アクセスマップ